交通事故による症状

事故に遭ったショックで痛みに気付かない人も

どんなに注意していても、ご自身の注意だけでは防ぎきれないのが交通事故です。
また事故に遭った直後は、ショックでご自身の痛みに気付かなかったという患者さまも少なくありません。
交通事故に遭うと、どんな症状が出るのでしょうか?

一番多い症状 むちうち

交通事故に遭い、首のあたりを痛めると「むちうち症」になります。正式名称は、

  • 外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)
  • 頸椎捻挫(けいついねんざ)

などと呼ばれています。医療機関から出される診断書にこの名前が書いてあれば、むちうち症と診断されたことになります。しかし靭帯や筋肉にダメージを受けるため、レントゲンには移りにくく発見が遅れることが多い症状でもあります。 車が衝突した時に、身体に大きな衝撃が加わります。身体だけが先に押しだされ、頭部はそれとは逆の後ろの方向に動きます。この動きで首の周辺に大きな痛みを誘発します。症状としては、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などです。

治療法

当院では患者さまの症状に合った治療法を独自に組み合わせてご提案させていただいております。同じ部位の痛みでも、患者さまによっては同じ原因から発した痛みとは限らないからです。
当院では下記の治療法で、患者さまの身体がベストな状態になるようお手伝いさせていただきます。

ボディケア

痛みのある部位だけでなく、全体をほぐすことで血行を促進し、早期的な回復を目指します。重要なのは身体全体をゆるめることです。外傷部分だけの治療では、根本的な痛みの解決につながりません。

物理療法

電流を流して痛みやこりを緩和する低周波療法や、全身を温める温熱療法を併用しています。

鍼・灸

ご希望があれば鍼灸も行います。使い捨ての鍼を使用するので衛生的で、痛みが少ない鍼治療を行います。鍼灸には自己治癒能力向上、血行促進などの効果がありますが、外傷によっては適さない場合がありますので、ご相談した上で施術を行っています。

オイルマッサージ

オイルを使用し、血液・リンパ液の流れを良くするようにボディケアを行います。交通事故治療以外にも女性の患者さまのお悩みとして多い、むくみを和らげることに効果が期待できるだけでなく、リラックス効果も高いです。

テーピング

急性のけがには硬めのテープで固定や圧迫、筋肉の痛みには柔らかいテープで収縮の補助を行うことで痛みを和らげることもできます。

リハビリ

けがが治った後、日常生活への復帰までをリハビリでサポートします。骨折・脱臼などの硬縮、捻挫くせなどの改善を目的としたメニューも作成・指導しています。
また、当院ではけがをしにくい身体づくりにも力を入れています。足腰を鍛えることを中心に、自宅でできる簡単なトレーニング法などもご紹介しています。

※治療の一部は自由診療になる場合もあります。詳しくはご相談ください。

メールでのお問い合わせはコチラ tel:03-5708-5357